借りる
個人の方法人の方
買う
個人の方法人の方
修理する
個人の方法人の方
学ぶ・体験する
わくわく体験広場特別教育資格をとる
水をきれいにする
 
生ごみを処理する
 

ホーム > 原鉄について

原鉄について

原鉄グループのミッション

原家初代 原 逢蔵(はら あいぞう)は、1849年(嘉永2年)に、長野県下伊那郡阿智村(旧:清内路村)で、農家の長男として生まれました。しかし、時代の転換期である幕末に生まれた逢蔵は、青雲の志を抱いて、鍛冶屋修行のため、飯田町(現:飯田市)へと出てきました。そして、十数年の鍛冶屋修行の後、1873年(明治6年)1月20日、逢蔵は、長野県下伊那郡飯田町(現:飯田市大門町)で、鍛冶屋として独立しました。

以来、141年間、二代 原 清太郎(せいたろう)、三代 原 弘治(こうじ)、四代 原 幸男(さちお)、五代 原 茂(しげる)に至るまで、「鉄」をあつかう仕事を連綿と続けてまいりました。初代からの、「今」に満足することなく、次の時代の流れを見据えて、新しい「仕事」や「もの」「こと」に挑戦する「進取」の精神は、原鉄グループの事業に生かされています。特に、四代 幸男 が、鍛冶屋業から、建築業や林業機械、建設機械の販売・修理・賃貸業、浄化槽の設計施工・維持管理へと業種業態の一大転換を図ったことは、その表れです。また、「商い」の原点である、「信用」を重んずる精神は、初代以来、約138年間にわたり、「お客様」に「満足していただける」「良い仕事」をすることで、父祖以来の創業の地である飯田市大門町の地で、築きあげてまいりました。
「鍛冶屋」業で培われた、「職人」の「技」へのこだわりは、約150年経った現在でも、「技術」を鍛えあげ、常に「研鑽」「努力」を怠らない精神として息づいています。
私たち原鉄グループは、「お客様」の長年のご愛顧に感謝し、「お客様」に「いつも、最高の満足を感じていただける」仕事をしていきます。 そして、「お客様」に「最高の笑顔」と「こころの満足」を感じていただける仕事をしていきます。

copyright (C)  2012 Haratetsu Corporation. All Rights Reserved.